■HP : ありんこ農苑へようこそ
■プロフィール

MASAKOSAMA27

Author:MASAKOSAMA27
1998年にオーストラリアのタガリファームにて、2週間のパーマカルチャ-デザインコースを修了。
1999年から1年間、オーストラリアとニュージーランドのパーマカルチャー農園などに滞在し、実践に学ぶ。
日本での実践をするべく、2002年三重県志摩市へ移住し、個人の菜園レベルの自給とデモンストレーションガーデンを目指し、パーマカルチャー農園「ポレポレパーマカルチャーサイト ありんこ農苑」を始める。
吉本系パーミー(パーマカルチャーリストとも言う)を目指す、大阪生まれ。
年齢は非公開!アニマル柄は…まだ、あんまり持ってません。

■お知らせ1

■お知らせ2

■arinkocunter

■リンク
■パーマカルチャーサイト

パーマカルチャーネット中部
中部地方にもパーマカルチャーのネットワークができました。活発です。
沖縄パーマカルチャーネット
沖縄のパーマカルチャーサイトです。「ドリトル先生」が代表理事でがんばってます
自然農園ウレシパモシリ
日本のパーマカルチャー農園の先駆者
シャロムコミュニティ
安曇野の自然食の宿とレストラン
舎爐夢ヒュッテ
シャロムコミュニティの素敵な宿、食べ物も建物も
ゲストハウスシャンティクティ
シャロムヒュッテの創始者、臼井さんのブログ。コミュニティのエネルギー源
あずみの自然農塾
シャロムの「農」のページ
安曇野パーマカルチャー
とにかく安曇野はパーマカルチャーが熱い
アースガーデン公式webサイト
京都府南丹市美山町にある「アースガーデン」。個人の住宅でのパーマカルチャーデザインとして好例。非常によく考えられ、よく管理されています。

■友達のブログ/HP

ドリトル先生のどこでもパーマカルチャー
沖縄に移住してパーマカルチャーを始めた「ドリトル先生」。我が家の説明が詳しい
宇宙と野菜に愛と感謝を込めて
松阪の山の中で農的暮らし。料理人でもあります。ひょっとして、仙人?
浜佐建設
我が家を造ってくれた工務店さん
天使のひるね
南伊勢町で農的暮らしの先輩格
JACKAL's PERFORMANCE
なぜかナイフ作家に知り合いがおりまして…
梵玉日記
パーマカルチャーの友、私の直後にオーストラリアのタガリファームで研修。
象設計集団
若き日にお世話になっておりました。なかなかにユニークな設計事務所
喜井さんちの果樹園 Kii's Open Field
いとこ夫婦が、脱サラ就農してやっています。サクランボ、ブドウ、プルーン、洋ナシ。低農薬で樹上完熟がこだわり。おいしいです。身びいき?(*^_^*)
いのち はぐくみ~はぐくみ農園
ご夫婦ともども、パーマカルチャ@フレンドです。伊豆でプロの農家として農業と育児に奮闘中
紙芝居劇むすび
大阪市西成区のあいりん地区のおっちゃんらがやっている。そのまったりした味わいで、公演依頼多数。イギリス公演の経験もあります。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック
楽しかった!フィオーレ志摩でランチ&劇団松丸屋(続)
磯部町的矢にある「伊勢志摩ロイヤルホテル」では毎年2月に「劇団松丸屋」の公演を1か月通しでやるのが恒例になっています。
ほぼ毎日昼と夜の二回公演、第一部は時代劇で二部は歌謡ショー、演目は毎日変わるそうです。すご~い! (*^。^*)

チラシ↓ です。見づらくてすみません。手持ちのをあわてて写したもんで・・m(_ _)m
劇団松丸屋公演at伊勢志摩ロイヤルホテルのチラシ
詳しくは → ロイヤル陽春劇場「松丸屋小弁太劇団」2017

真中が座長の松丸屋小弁太さん、27歳(らしい)。劇団はお母さんがはじめ、14歳で座長になったそうです。私が見始めたころは22・3歳だったってことですが、、、、、
失礼ながらその時で30歳過ぎと思ってました。 (^_^;) いや、老けて見えたわけではなく、「老成」していらっしゃった、ってことでございます。 舞台背景も、もちろん小弁太さん。
ロイヤル陽春劇場「松丸屋小弁太劇団」2017

劇団松丸屋_座長の松丸屋小弁太さん  
う~~ん妖艶です。目つきが色っぽいな~。

劇団のベテラン、咲田せいじろうさん。2.5枚目役。
劇団松丸屋_咲田せいじろうさん

女優人の一人、松丸屋こももさん、だと思うんですが~、遠いし~、舞台化粧だし~、で確信はございません。 m(_ _)m
ロイヤル陽春劇場「松丸屋小弁太劇団」2017_松丸こもも?さん

劇団松丸屋の女優軍団。小弁太さんの姉妹らしい。
ロイヤル陽春劇場「松丸屋小弁太劇団」2017_女優陣

松丸屋の若手のホープ(?)、松丸屋翔くん。(やっぱり、君呼ばわりしてしまうな。)この2年で急に背が高くなりましたし、うまくなったと思います。(某大衆劇評論家談 ← って私 (^_^;))
ロイヤル陽春劇場「松丸屋小弁太劇団」2017、期待の星?松丸屋翔君

もう一人の若手、せんと郁哉君。熱心なファンがいたみたい、首のレイは実はおひねり(一個千円)なんです。よかったね。(*^^)v
ロイヤル陽春劇場「松丸屋小弁太劇団」2017

公演終了後、出口の外に劇団の皆さんが並んで見送ってくれます。勇気を出して、小弁太さんに撮影のお願いしました。やったー\(^o^)/ また、見に来まーす! 来年も来てくださいね。さすがに、追っかけはしないかな~。 (^_^;)
劇団松丸屋_座長の松丸屋小弁太さんとツーショット(*^^)v

公演中の禁止事項皆無。撮影(多分動画も録音も)OK、飲み食いOK、携帯を切ってくださいというお願いもなし。そんなもので、松丸屋の芸は邪魔できないのよ、という姿勢かしら? この「ゆるさ」がいいです。お客を「楽しませてなんぼ!という気持ちが伝わってきて、今回は「迫力」すら感じました。 松井誠より早乙女太一より、私は松丸屋小弁太さんがいいでーす!!

松丸屋情報見つけました。 → 劇団松丸屋
            → フリーライター中村桃子さんのブログ「桃花舞台」


ディープ な伊勢志摩紹介 | 22:00:16 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.