■HP : ありんこ農苑へようこそ
■プロフィール

MASAKOSAMA27

Author:MASAKOSAMA27
1998年にオーストラリアのタガリファームにて、2週間のパーマカルチャ-デザインコースを修了。
1999年から1年間、オーストラリアとニュージーランドのパーマカルチャー農園などに滞在し、実践に学ぶ。
日本での実践をするべく、2002年三重県志摩市へ移住し、個人の菜園レベルの自給とデモンストレーションガーデンを目指し、パーマカルチャー農園「ポレポレパーマカルチャーサイト ありんこ農苑」を始める。
吉本系パーミー(パーマカルチャーリストとも言う)を目指す、大阪生まれ。
年齢は非公開!アニマル柄は…まだ、あんまり持ってません。

■お知らせ1

■お知らせ2

■arinkocunter

■リンク
■パーマカルチャーサイト

パーマカルチャーネット中部
中部地方にもパーマカルチャーのネットワークができました。活発です。
沖縄パーマカルチャーネット
沖縄のパーマカルチャーサイトです。「ドリトル先生」が代表理事でがんばってます
自然農園ウレシパモシリ
日本のパーマカルチャー農園の先駆者
シャロムコミュニティ
安曇野の自然食の宿とレストラン
舎爐夢ヒュッテ
シャロムコミュニティの素敵な宿、食べ物も建物も
ゲストハウスシャンティクティ
シャロムヒュッテの創始者、臼井さんのブログ。コミュニティのエネルギー源
あずみの自然農塾
シャロムの「農」のページ
安曇野パーマカルチャー
とにかく安曇野はパーマカルチャーが熱い
アースガーデン公式webサイト
京都府南丹市美山町にある「アースガーデン」。個人の住宅でのパーマカルチャーデザインとして好例。非常によく考えられ、よく管理されています。

■友達のブログ/HP

ドリトル先生のどこでもパーマカルチャー
沖縄に移住してパーマカルチャーを始めた「ドリトル先生」。我が家の説明が詳しい
宇宙と野菜に愛と感謝を込めて
松阪の山の中で農的暮らし。料理人でもあります。ひょっとして、仙人?
浜佐建設
我が家を造ってくれた工務店さん
天使のひるね
南伊勢町で農的暮らしの先輩格
JACKAL's PERFORMANCE
なぜかナイフ作家に知り合いがおりまして…
梵玉日記
パーマカルチャーの友、私の直後にオーストラリアのタガリファームで研修。
象設計集団
若き日にお世話になっておりました。なかなかにユニークな設計事務所
喜井さんちの果樹園 Kii's Open Field
いとこ夫婦が、脱サラ就農してやっています。サクランボ、ブドウ、プルーン、洋ナシ。低農薬で樹上完熟がこだわり。おいしいです。身びいき?(*^_^*)
いのち はぐくみ~はぐくみ農園
ご夫婦ともども、パーマカルチャ@フレンドです。伊豆でプロの農家として農業と育児に奮闘中
紙芝居劇むすび
大阪市西成区のあいりん地区のおっちゃんらがやっている。そのまったりした味わいで、公演依頼多数。イギリス公演の経験もあります。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック
「芋の館 きらら」訪問
1月26日に、去年の「ドライフードセミナー」でご縁のできた、阿児町国府のキンコの生産グループ「芋の館 きらら」さんを再訪(取材?)しました。キンコ作りを見せてもらおうと思いつつ延び延びになっていたら、今年はイモの出来が少なかったせいで26日がキンコの加工作業の最終日と聞いて、大慌てで出かけました。(^_^;)

キンコの皮むき。皆さん(黙々とではなく)テキトーにおしゃべりしつつも、手はすごいスピードで皮を剝いています。午前中3時間の作業で、一人20~30キロ剝くそうです。(腕の筋肉が付きそう~。) 合計200キロ/1日剝きます。剝いた芋はあく抜きのためにすぐに水に入れます。
「芋の館 きらら」のキンコ作り

作業場の隣はキンコを干すスペース。上がビニール、両サイドがネットの風通しの良いハウス。
「芋の館 きらら」のキンコ作り

作業が終わったら手早く片付け。
[芋の館 きらら」のキンコ作り

イモはポリバケツに移してこのまま一晩アク抜き。
[芋の館 きらら」のキンコ作り

翌朝、この釜に移して柔らかくなるまで煮ます。一つの釜で100キロのイモが炊けます。
代表の森川さんが「ほんとは開けとうないんやけど」と言いつつ、撮影のために特別に中を見せてくださいました。 m(_ _)m
「芋の館 きらら」のキンコ作り

この日は関東から志摩旅行に来られた方が、直接買いに来ていらっしゃいました。テレビの旅行番組の中で「芋の館 きらら」さんが紹介されたそうです。これはサミット効果でしょうか?

関東から直接買いに来たお客様

鳥羽駅前の「鳥羽マルシェ」のキンコ売場です。右端が「きらら」のキンコ。黒っぽいのは紫イモのキンコでしょう。
鳥羽マルシェのキンコ売場

生産者の顔が見えるキンコ芋。(*^_^*) この日は売り切れでしたが、「きらら」製のキンコパウンドケーキも売っているそうです。
鳥羽マルシェのキンコ売場

数日後にキンコを買いに伺うと、、、キンコ作りは終わったと思っていたのに何やら作業中。
「芋の館 きらら」の甘夏ピール作り

今度は甘夏ピールのパッキング中でした。
「芋の館 きらら」の甘夏ピール作り

袋に入れるにも、きれいに手早く入れるためのコツがあるようで、工夫しながら和気あいあいと作業中。
「芋の館 きらら」の甘夏ピール作り

これ、キンコの切り落としです。畑に返すということです。畑にばらまく→カラスが集まってきて食べる→カラスのフンが畑の肥やしになる(?)という循環も良いのですが、廃棄を減らす製品開発を勝手に妄想している身にとっては「もったいな~い!」ので、頂きました。私ひとりじゃとても使い切れませんが、何とかしよう。 アイディアのある方募集!
キンコの切り落とし




地産地消 | 22:54:52 | Trackbacks(0) | Comments(2)
Comments
Only the administrator may view.
Only the administrator may read this comment.
2016-02-02 火 23:26:39 | | [Edit]
Re: 大分動けるようになりましたね!!
ありがとうございます。ところで、いつお帰りですか?
2016-02-03 水 12:01:50 | URL | MASAKOSAMA27 [Edit]
Post a comment

Only the blog author may view the comment.