■HP : ありんこ農苑へようこそ
■プロフィール

MASAKOSAMA27

Author:MASAKOSAMA27
1998年にオーストラリアのタガリファームにて、2週間のパーマカルチャ-デザインコースを修了。
1999年から1年間、オーストラリアとニュージーランドのパーマカルチャー農園などに滞在し、実践に学ぶ。
日本での実践をするべく、2002年三重県志摩市へ移住し、個人の菜園レベルの自給とデモンストレーションガーデンを目指し、パーマカルチャー農園「ポレポレパーマカルチャーサイト ありんこ農苑」を始める。
吉本系パーミー(パーマカルチャーリストとも言う)を目指す、大阪生まれ。
年齢は非公開!アニマル柄は…まだ、あんまり持ってません。

■お知らせ1

■お知らせ2

■arinkocunter

■リンク
■パーマカルチャーサイト

パーマカルチャーネット中部
中部地方にもパーマカルチャーのネットワークができました。活発です。
沖縄パーマカルチャーネット
沖縄のパーマカルチャーサイトです。「ドリトル先生」が代表理事でがんばってます
自然農園ウレシパモシリ
日本のパーマカルチャー農園の先駆者
シャロムコミュニティ
安曇野の自然食の宿とレストラン
舎爐夢ヒュッテ
シャロムコミュニティの素敵な宿、食べ物も建物も
ゲストハウスシャンティクティ
シャロムヒュッテの創始者、臼井さんのブログ。コミュニティのエネルギー源
あずみの自然農塾
シャロムの「農」のページ
安曇野パーマカルチャー
とにかく安曇野はパーマカルチャーが熱い
アースガーデン公式webサイト
京都府南丹市美山町にある「アースガーデン」。個人の住宅でのパーマカルチャーデザインとして好例。非常によく考えられ、よく管理されています。

■友達のブログ/HP

ドリトル先生のどこでもパーマカルチャー
沖縄に移住してパーマカルチャーを始めた「ドリトル先生」。我が家の説明が詳しい
宇宙と野菜に愛と感謝を込めて
松阪の山の中で農的暮らし。料理人でもあります。ひょっとして、仙人?
浜佐建設
我が家を造ってくれた工務店さん
天使のひるね
南伊勢町で農的暮らしの先輩格
JACKAL's PERFORMANCE
なぜかナイフ作家に知り合いがおりまして…
梵玉日記
パーマカルチャーの友、私の直後にオーストラリアのタガリファームで研修。
象設計集団
若き日にお世話になっておりました。なかなかにユニークな設計事務所
喜井さんちの果樹園 Kii's Open Field
いとこ夫婦が、脱サラ就農してやっています。サクランボ、ブドウ、プルーン、洋ナシ。低農薬で樹上完熟がこだわり。おいしいです。身びいき?(*^_^*)
いのち はぐくみ~はぐくみ農園
ご夫婦ともども、パーマカルチャ@フレンドです。伊豆でプロの農家として農業と育児に奮闘中
紙芝居劇むすび
大阪市西成区のあいりん地区のおっちゃんらがやっている。そのまったりした味わいで、公演依頼多数。イギリス公演の経験もあります。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック
大阪で4泊5日の楽しい入院
またまたのご無沙汰でした。 m(_ _)m

18日から4泊5日で、輸血用に自分の血を取るために入院しました。 (ブログ更新をさぼったのは、それが理由というわけではありませんが・・・) 目的は、人工股関節手術。 本入院は12月5日で手術は7日。 リハビリは順調にゆけば3週間、つまり年末ぎりぎりで退院できそう。 関節の痛みを抱えている方は結構沢山いらっしゃると思うので、今日からしばらく、「人工関節手術入院報告」を書こうと思います。 以外に「楽しい」入院報告になると思います。
病院は大阪難波のOCAT西隣の富永病院。脳外科がとても有名な病院ですが、人工関節の手術数も関西一だそうです。ネットで調べて決めました。近鉄戦1本で行けて、近鉄のなんば駅から徒歩5分という立地も決め手でした。初診、検査、自己血入院をした現時点での印象はとても良いです。 説明や対応がとても丁寧で親切、情報をしっかり公開するというスタンスが感じられます。
で、4泊5日の入院生活ですが、大阪のおばちゃん達との4人部屋は楽しかったで~す。 私も大阪生まれなもんですぐなじんで、手術や入院生活に関する有益な情報をバッチリ取材してまいりました。 (^_^)v
たとえば、、、
①術後の痛みはほとんどなけれどが(多分筋肉を切開するので)3日くらいは足が重くて持ち上がらない。 
②一日ごとに良くなってゆくのがわかる。 (これは、これから手術す者にはとてもうれしい情報ですよね!)
③ベッドサイドの手すりにプラスチックの籠とか袋を吊るして飲み物ボトルとかを入れると、起き上がれないときに便利。(とはいえ、手術の次の日には車椅子に乗せられるので、寝ていられるのは1日だけらしい。)
 
病院食↓ 味付けは結構おいしい。まあ、すごく美味とは申せませんが、、、(^_^;) 
病院食

こちらは私のスペース。狭いのは、、、しゃあない、です。 
病室

今回の、自己血入院(というらしい)は、最初と最後の日に400ccづつ採血します。間の3日は体調を整えるためと検査です。献血の場合は400cc採血すると、次は半年後ですね。800ccの採血というのは結構大変なんですね。 退院後、帰宅途中に貧血で倒れる方は結構いるそうです。(病室での取材 (^_^)v) でもまあけっこう暇なので、外出許可を取って、隣のOCAT他を少々調査してみました。 OCAT1階にオーガニックカフェあり(たまにはここでランチしてもいいかな?)、その隣のビル内のドトールコーヒーはwifiスポットなので、ここでメールチェックとブログ更新できる! ヨシッ!

ということで、お楽しみに~。 (^・^)/

人工関節手術報告 | 09:38:00 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.