■HP : ありんこ農苑へようこそ
■プロフィール

MASAKOSAMA27

Author:MASAKOSAMA27
1998年にオーストラリアのタガリファームにて、2週間のパーマカルチャ-デザインコースを修了。
1999年から1年間、オーストラリアとニュージーランドのパーマカルチャー農園などに滞在し、実践に学ぶ。
日本での実践をするべく、2002年三重県志摩市へ移住し、個人の菜園レベルの自給とデモンストレーションガーデンを目指し、パーマカルチャー農園「ポレポレパーマカルチャーサイト ありんこ農苑」を始める。
吉本系パーミー(パーマカルチャーリストとも言う)を目指す、大阪生まれ。
年齢は非公開!アニマル柄は…まだ、あんまり持ってません。

■お知らせ1

■お知らせ2

■arinkocunter

■リンク
■パーマカルチャーサイト

パーマカルチャーネット中部
中部地方にもパーマカルチャーのネットワークができました。活発です。
沖縄パーマカルチャーネット
沖縄のパーマカルチャーサイトです。「ドリトル先生」が代表理事でがんばってます
自然農園ウレシパモシリ
日本のパーマカルチャー農園の先駆者
シャロムコミュニティ
安曇野の自然食の宿とレストラン
舎爐夢ヒュッテ
シャロムコミュニティの素敵な宿、食べ物も建物も
ゲストハウスシャンティクティ
シャロムヒュッテの創始者、臼井さんのブログ。コミュニティのエネルギー源
あずみの自然農塾
シャロムの「農」のページ
安曇野パーマカルチャー
とにかく安曇野はパーマカルチャーが熱い
アースガーデン公式webサイト
京都府南丹市美山町にある「アースガーデン」。個人の住宅でのパーマカルチャーデザインとして好例。非常によく考えられ、よく管理されています。

■友達のブログ/HP

ドリトル先生のどこでもパーマカルチャー
沖縄に移住してパーマカルチャーを始めた「ドリトル先生」。我が家の説明が詳しい
宇宙と野菜に愛と感謝を込めて
松阪の山の中で農的暮らし。料理人でもあります。ひょっとして、仙人?
浜佐建設
我が家を造ってくれた工務店さん
天使のひるね
南伊勢町で農的暮らしの先輩格
JACKAL's PERFORMANCE
なぜかナイフ作家に知り合いがおりまして…
梵玉日記
パーマカルチャーの友、私の直後にオーストラリアのタガリファームで研修。
象設計集団
若き日にお世話になっておりました。なかなかにユニークな設計事務所
喜井さんちの果樹園 Kii's Open Field
いとこ夫婦が、脱サラ就農してやっています。サクランボ、ブドウ、プルーン、洋ナシ。低農薬で樹上完熟がこだわり。おいしいです。身びいき?(*^_^*)
いのち はぐくみ~はぐくみ農園
ご夫婦ともども、パーマカルチャ@フレンドです。伊豆でプロの農家として農業と育児に奮闘中
紙芝居劇むすび
大阪市西成区のあいりん地区のおっちゃんらがやっている。そのまったりした味わいで、公演依頼多数。イギリス公演の経験もあります。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック
地球交響楽第8番/GAIA SYMPHONY No.8
先週の土曜日、「ガイア・シンフォニー 第8番」を見てきました。 場所は南伊勢町の「ふれあいセンターなんとう」。  うん、よかった!  予想以上によかったです。 お近くで上映会があれば、ぜひご覧になることをお薦めします。

1番から3番は友人から借りたDVDで自宅で見たのですが、やはり大きい画面で見ると迫力が違います。  特に宇宙とか森とかの映像は小さいテレビの画面で見ても「感動」しないものなんだなと、改めて思いました。

ガイアシンフォニーチラシ
↑チラシ:地球交響楽HP(http://gaiasymphony.com/)から引用 

内容はネタバレになるので控えますが(それでも知りたい方は、↑の公式HPをどうぞ。(^_^.))
私が出演者の中で一番素敵だと思ったのは、世界的バイオリン制作者の中澤宗幸氏です。笑顔がいいでしょう?この笑顔で、淡々と話される話の内容がすごい。やってることがすごい! コンサートへ行きた~~い!
中澤宗幸氏
↑中澤宗幸氏:おんぷの祭典HP(http://onpunosaiten.com/)から引用

今回の上映会は、ボランティアの実行委員会で、企画・運営されたそうです。下の写真は実行委員長の田端さんとお友達。田端さんは実は「ソーヤー海君のセミナー」の時の参加者の一人でもあり、子守ボランティアの主要メンバーでありました。私は今回何のお手伝いもしなかったんです。 _( . _ . )_  (あ、チケット2枚売った!)
実行委員長の田端さん

会場の「ふれあいセンターなんとう」は旧南島町の中心部にあります。我が家からは1時間ちょっとかかりました。 はっきり言ってかなり遠い。 集客という事なら、同じ南伊勢町でも伊勢市に近い旧南勢町が有利だったでしょう。 でもわざわざここに持って来て、300人という観客を集めた実行委員会の努力に敬服します。 ご苦労様でした、そして、ありがとうございました。




ドキュメンタリー映画 | 05:52:57 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.