■HP : ありんこ農苑へようこそ
■プロフィール

MASAKOSAMA27

Author:MASAKOSAMA27
1998年にオーストラリアのタガリファームにて、2週間のパーマカルチャ-デザインコースを修了。
1999年から1年間、オーストラリアとニュージーランドのパーマカルチャー農園などに滞在し、実践に学ぶ。
日本での実践をするべく、2002年三重県志摩市へ移住し、個人の菜園レベルの自給とデモンストレーションガーデンを目指し、パーマカルチャー農園「ポレポレパーマカルチャーサイト ありんこ農苑」を始める。
吉本系パーミー(パーマカルチャーリストとも言う)を目指す、大阪生まれ。
年齢は非公開!アニマル柄は…まだ、あんまり持ってません。

■お知らせ1

■お知らせ2

■arinkocunter

■リンク
■パーマカルチャーサイト

パーマカルチャーネット中部
中部地方にもパーマカルチャーのネットワークができました。活発です。
沖縄パーマカルチャーネット
沖縄のパーマカルチャーサイトです。「ドリトル先生」が代表理事でがんばってます
自然農園ウレシパモシリ
日本のパーマカルチャー農園の先駆者
シャロムコミュニティ
安曇野の自然食の宿とレストラン
舎爐夢ヒュッテ
シャロムコミュニティの素敵な宿、食べ物も建物も
ゲストハウスシャンティクティ
シャロムヒュッテの創始者、臼井さんのブログ。コミュニティのエネルギー源
あずみの自然農塾
シャロムの「農」のページ
安曇野パーマカルチャー
とにかく安曇野はパーマカルチャーが熱い
アースガーデン公式webサイト
京都府南丹市美山町にある「アースガーデン」。個人の住宅でのパーマカルチャーデザインとして好例。非常によく考えられ、よく管理されています。

■友達のブログ/HP

ドリトル先生のどこでもパーマカルチャー
沖縄に移住してパーマカルチャーを始めた「ドリトル先生」。我が家の説明が詳しい
宇宙と野菜に愛と感謝を込めて
松阪の山の中で農的暮らし。料理人でもあります。ひょっとして、仙人?
浜佐建設
我が家を造ってくれた工務店さん
天使のひるね
南伊勢町で農的暮らしの先輩格
JACKAL's PERFORMANCE
なぜかナイフ作家に知り合いがおりまして…
梵玉日記
パーマカルチャーの友、私の直後にオーストラリアのタガリファームで研修。
象設計集団
若き日にお世話になっておりました。なかなかにユニークな設計事務所
喜井さんちの果樹園 Kii's Open Field
いとこ夫婦が、脱サラ就農してやっています。サクランボ、ブドウ、プルーン、洋ナシ。低農薬で樹上完熟がこだわり。おいしいです。身びいき?(*^_^*)
いのち はぐくみ~はぐくみ農園
ご夫婦ともども、パーマカルチャ@フレンドです。伊豆でプロの農家として農業と育児に奮闘中
紙芝居劇むすび
大阪市西成区のあいりん地区のおっちゃんらがやっている。そのまったりした味わいで、公演依頼多数。イギリス公演の経験もあります。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック
ありんこセミナー「ドライフードは世界を救う!かも?」開催決定
食品を保存するために大昔から用いられてきた「乾燥」を、楽しく学ぶ二日間を企画しました。

志摩の名物「干し芋」に関するウンチクも交えた深いお話しと、ソーラードライヤーの手作りワークショップで、「乾燥」の達人になろう!
            
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 太陽の力を借りて、電気を使わず楽しい暮らし♪ 使いきれない野菜や、取れ過ぎちゃった野菜、果物、キノコなど自然の力で美味しく保存!  ソーラーフードドライヤーを皆で作りませんか~?  先着6名さまはソーラーフードドライヤーをお持ち帰り出来ます
アーバンソーラーフードドライヤー←今回作るドライヤー

ソーラーフードドライヤーとは、太陽の力で熱を溜め込み、ゆるやかな上昇気流で食べ物を乾燥させます。乾燥すると保存が効くだけじゃなく、野菜や果物など、甘みや美味しさが凝縮されて、より美味しくなります。大きさはタテヨコ36cm×18cm。高さ45cm程です。

ドライトマト制作中←ドライトマト制作中
食品の乾燥の目安   
1日 : かぼちゃ、タマネギ、キノコなど(水分少なめのもの)   
2日~3日 : フルーツ、ミニトマト(水分が多いもの) 

ワークは、図面片手に皆でドライヤーを組み立てて行きます。(塗装はしません)
全てホームセンターで売っている材料で設計しており、DIYもできます。図面もお配りします。
参加者同士のつながりも楽しみですね(^^)。 皆さまのご参加をお待ちしています!
   
頑張れば、DIYでより大きな物も可能です。WSで基本を学んで、後は自分でがんばろう!

ソーラーフードドライヤー中←ちょっと大きめ

ソーラーフードドライヤー大 ←かなり大きめ  
                        
 *セミナーの詳細は、以下をお読みください 
                           
日 時 : 6月24日(水) ドライフードに関するお話いろいろ   講師:石谷孝佑さん   
                 14時~17時 : 第1部のお話し
                    夕食(ドライフードのポトラッチ)
                  9時~21時 : 第2部のお話し((干し芋の調査報告あり) 
           定員 : 15名 部分参加可能(夕食のみ参加は不可)

         25日(木)ソーラードライヤー作りワークショップ   講師:吉岡翔一郎さん
                   9時半集合、10時スタート、16時半解散予定
                        途中食事と休憩を区切りに合わせて取ります。
            定員 : 6(最低催行人員)~16名  ソーラードライヤーの持ち帰りは6台まで
 
場 所 : 24日 ありんこ農苑   
       25日 横山創造の森、休憩舎


参加費 : 24日  ギフト(寄付)+ドライフードの持ち寄り(夕食ポトラッチ)      
              持ち寄りは干しブドウ1袋、アジの開き1匹、からOK (^_^)v
       25日  2500円(WS参加)+800円(昼食)   
              ドライヤーを持ち帰る方は +5000円  
 
お申し込み先 : arinkofarm@nexyzbb.ne.jp ありんこ農苑 森下雅子

◆講師のプロフィール

石谷孝祐さん
農水省の食品総合研究所で、「食べ物長持ち」のための食品加工と、流通・包装の
研究に従事。20歳後半で静岡の甘藷蒸切り干と出会い、静岡県の研究者と一緒に研究をした経験を持つ。
   平成2年から農業研究センターに移り、お米と畑作物の生産と利用、野菜の流通の研究に従事。農業から加工、流通、包装に通じていることから、地域起こしの仕事に関わる。退官の前に北京に3年間住み、小麦と大豆を中心に、栽培、加工、品質向上の指導に従事。退官後は、タイ、インドネシア、シンガポール、フィリピンなどで青果物の鮮度保持と食品加工の技術指導を続けている。
農学博士。日本食品包装協会理事長、 日本生産者GAP協会常務理事、有機農業
生産団体中央会理事、宇宙日本食専門委員、食品品質保持技術研究会副会長、勿体ない研究会主幹、直売所「みずほの村市場」執行役員等。

吉岡翔一朗さん
トランジションタウン浜松 共同代表  エネルギーシフト部
   学生時代にドイツの環境都市フライブルクのエコロジーな取り組みに感銘を受け、
2013年4月から1年間、「非電化工房」で住み込み弟子修行。主に非電化カフェのセルフ
ビルドに携わり、非電化製品のノウハウを学ぶ。
2014年6月から浜松に移住。「電力コンサルタント」、「断熱リフォーム屋さん」、「1部屋オフグリッド」、「ソーラーアイテムクリエイター」として月3万円ビジネスの複業に挑戦中。


イヴェント | 11:19:10 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.