■HP : ありんこ農苑へようこそ
■プロフィール

MASAKOSAMA27

Author:MASAKOSAMA27
1998年にオーストラリアのタガリファームにて、2週間のパーマカルチャ-デザインコースを修了。
1999年から1年間、オーストラリアとニュージーランドのパーマカルチャー農園などに滞在し、実践に学ぶ。
日本での実践をするべく、2002年三重県志摩市へ移住し、個人の菜園レベルの自給とデモンストレーションガーデンを目指し、パーマカルチャー農園「ポレポレパーマカルチャーサイト ありんこ農苑」を始める。
吉本系パーミー(パーマカルチャーリストとも言う)を目指す、大阪生まれ。
年齢は非公開!アニマル柄は…まだ、あんまり持ってません。

■お知らせ1

■お知らせ2

■arinkocunter

■リンク
■パーマカルチャーサイト

パーマカルチャーネット中部
中部地方にもパーマカルチャーのネットワークができました。活発です。
沖縄パーマカルチャーネット
沖縄のパーマカルチャーサイトです。「ドリトル先生」が代表理事でがんばってます
自然農園ウレシパモシリ
日本のパーマカルチャー農園の先駆者
シャロムコミュニティ
安曇野の自然食の宿とレストラン
舎爐夢ヒュッテ
シャロムコミュニティの素敵な宿、食べ物も建物も
ゲストハウスシャンティクティ
シャロムヒュッテの創始者、臼井さんのブログ。コミュニティのエネルギー源
あずみの自然農塾
シャロムの「農」のページ
安曇野パーマカルチャー
とにかく安曇野はパーマカルチャーが熱い
アースガーデン公式webサイト
京都府南丹市美山町にある「アースガーデン」。個人の住宅でのパーマカルチャーデザインとして好例。非常によく考えられ、よく管理されています。

■友達のブログ/HP

ドリトル先生のどこでもパーマカルチャー
沖縄に移住してパーマカルチャーを始めた「ドリトル先生」。我が家の説明が詳しい
宇宙と野菜に愛と感謝を込めて
松阪の山の中で農的暮らし。料理人でもあります。ひょっとして、仙人?
浜佐建設
我が家を造ってくれた工務店さん
天使のひるね
南伊勢町で農的暮らしの先輩格
JACKAL's PERFORMANCE
なぜかナイフ作家に知り合いがおりまして…
梵玉日記
パーマカルチャーの友、私の直後にオーストラリアのタガリファームで研修。
象設計集団
若き日にお世話になっておりました。なかなかにユニークな設計事務所
喜井さんちの果樹園 Kii's Open Field
いとこ夫婦が、脱サラ就農してやっています。サクランボ、ブドウ、プルーン、洋ナシ。低農薬で樹上完熟がこだわり。おいしいです。身びいき?(*^_^*)
いのち はぐくみ~はぐくみ農園
ご夫婦ともども、パーマカルチャ@フレンドです。伊豆でプロの農家として農業と育児に奮闘中
紙芝居劇むすび
大阪市西成区のあいりん地区のおっちゃんらがやっている。そのまったりした味わいで、公演依頼多数。イギリス公演の経験もあります。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック
天然ワカメと"自家製"トロトロメカブ
採りたての天然ワカメとメカブを頂きまして、さっそくトロトロメカブを作りました。ウッシッシ! 自家製トロトロメカブ

って、何がそんなにうれしいのって? 生のメカブは表面がぬるぬるで、そのままだと細切りなんぞはできません。でもほら、ちゃんとできました! (^0_0^)
メカブの細切りできました!

以前何も知らないで、買ってきたは良いけれど、どうにも手におえなくて投げ出して以来、生ワカメは喜んで買うけれど、メカブには近づかないようにしてまいりました。で、持ってきてくれたTeppei君(ワカメ漁師さん)に教えてもらいました。なんと!1日ほど干せばいいんです! そーか~、先人の知恵!感動!!
生のメカブ
↑生のメカブ  ↓半干し中
生メカブ、半干し中
↓半干し後。あんまり見た目は変わりません。ちょっと艶がなくなったかな?
半干しメカブ
しかしこれが、触ってみれば全然違いました。表面の水分が飛んだだけで、考えてみれば当たり前のようですが、思いつかなかったなー!サクサク切れてしまいました。

で、メカブ納豆完成~~~!\(^o^)/ Teppei君、ホントにありがとう! m(__ __)m
メカブ納豆

ワカメも天然ものは養殖ものより、ずっと肉厚で歯ごたえシャキシャキです。これが「本当の」生ワカメの色。産地以外で「生」ワカメとして売っている緑色のは、湯通しされたもの。正確に言えば、「ゆでワカメ」なわけですね。(*^_^*)
天然生ワカメ

その「生ワカメ」を熱湯で3~5秒ゆがくと、瞬時に綺麗な緑色に変わります。(ちなみに、この写真を独りで撮るのはちょっと難しかったです。(^_^;) 右手でワカメをつかんで鍋に入れながら、左手でカメラのシャッターを押す。湯気でレンズが曇る!動くのでピントがずれる!(^_^;))
ワカメの湯通し中

めでたく美しい緑色へと変身したワカメちゃん。
湯通ししたワカメ

実はこんなにたくさん。\(~o~)/ 合掌。 
湯通しワカメがいっぱい!



| 23:30:42 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.