■HP : ありんこ農苑へようこそ
■プロフィール

MASAKOSAMA27

Author:MASAKOSAMA27
1998年にオーストラリアのタガリファームにて、2週間のパーマカルチャ-デザインコースを修了。
1999年から1年間、オーストラリアとニュージーランドのパーマカルチャー農園などに滞在し、実践に学ぶ。
日本での実践をするべく、2002年三重県志摩市へ移住し、個人の菜園レベルの自給とデモンストレーションガーデンを目指し、パーマカルチャー農園「ポレポレパーマカルチャーサイト ありんこ農苑」を始める。
吉本系パーミー(パーマカルチャーリストとも言う)を目指す、大阪生まれ。
年齢は非公開!アニマル柄は…まだ、あんまり持ってません。

■お知らせ1

■お知らせ2

■arinkocunter

■リンク
■パーマカルチャーサイト

パーマカルチャーネット中部
中部地方にもパーマカルチャーのネットワークができました。活発です。
沖縄パーマカルチャーネット
沖縄のパーマカルチャーサイトです。「ドリトル先生」が代表理事でがんばってます
自然農園ウレシパモシリ
日本のパーマカルチャー農園の先駆者
シャロムコミュニティ
安曇野の自然食の宿とレストラン
舎爐夢ヒュッテ
シャロムコミュニティの素敵な宿、食べ物も建物も
ゲストハウスシャンティクティ
シャロムヒュッテの創始者、臼井さんのブログ。コミュニティのエネルギー源
あずみの自然農塾
シャロムの「農」のページ
安曇野パーマカルチャー
とにかく安曇野はパーマカルチャーが熱い
アースガーデン公式webサイト
京都府南丹市美山町にある「アースガーデン」。個人の住宅でのパーマカルチャーデザインとして好例。非常によく考えられ、よく管理されています。

■友達のブログ/HP

ドリトル先生のどこでもパーマカルチャー
沖縄に移住してパーマカルチャーを始めた「ドリトル先生」。我が家の説明が詳しい
宇宙と野菜に愛と感謝を込めて
松阪の山の中で農的暮らし。料理人でもあります。ひょっとして、仙人?
浜佐建設
我が家を造ってくれた工務店さん
天使のひるね
南伊勢町で農的暮らしの先輩格
JACKAL's PERFORMANCE
なぜかナイフ作家に知り合いがおりまして…
梵玉日記
パーマカルチャーの友、私の直後にオーストラリアのタガリファームで研修。
象設計集団
若き日にお世話になっておりました。なかなかにユニークな設計事務所
喜井さんちの果樹園 Kii's Open Field
いとこ夫婦が、脱サラ就農してやっています。サクランボ、ブドウ、プルーン、洋ナシ。低農薬で樹上完熟がこだわり。おいしいです。身びいき?(*^_^*)
いのち はぐくみ~はぐくみ農園
ご夫婦ともども、パーマカルチャ@フレンドです。伊豆でプロの農家として農業と育児に奮闘中
紙芝居劇むすび
大阪市西成区のあいりん地区のおっちゃんらがやっている。そのまったりした味わいで、公演依頼多数。イギリス公演の経験もあります。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック
亀山の「岡田屋」さんでの上映会(10月25日)のお知らせ 
恒例の上映会のお知らせを頂きました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
本年2回目の上映会の開催です。

作品は民族文化映像研究所の 豊松祭時記です。
澁澤寿一さんがゲストとしてお越しいただきます。

ご興味のある方は是非ご参加と、ブログやホームページなどで
ご案内を頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

開催場所 「岡田屋」さん
住 所:三重県亀山市西町438
時 間:平成26年10月25日(土) 13:30~(上映時間は94分です)
(会場の定員は20名ほどです)
ゲスト:澁澤寿一 さん
(上映後 ゲストとのお話会と映画の振り返りを行います)
参加費:1,200円
問合先:杉谷知也
電 話:090-7035-4265
E-Mail:whitenut@alles.or.jpもしくはder-walkurenritt@docomo.ne.jp
FB https://www.facebook.com/#!/tomoya.sugitani

注意事項:
① 会場は駐車場が少ないため、公共交通機関でお越しください。
② 問合せは、昼間は仕事のため電話に出ることができず、メールでお問い合わせいただけるとありがたいです。
③ 参加申し込みについては必要ありませんが、試食の用意など事前に申し込みいただけるとありがたいです。(飛び込み参加も歓迎です)

◎◎◎上映作品紹介◎◎◎

豊松祭事記(民族文化映像研究所 映画作品6) 94分

広島県の東部、岡山県との県境の山地にある豊松(とよまつ)村。この村は標高400~500mのうねうねとした準平原にある。そのうねりのひとつひとつに「名(みょう)」とよばれる集落がある。数軒から十数軒の集落であり、家の前には水田と畑、背後に山林をもち墓地をもつ。名とは、古代から中世にかけて日本に発達した社会組織だが、豊松村では、現在でも社会生活やまつりにそれが生きている。
これは、日本における中世的な古風さを偲ばせる豊松村での一年間のまつりを、農耕生活と対比させながら記録したもので、作業は7年間に及んだ。
ここでは、一年間におびただしい数のまつりが行われる。火や水、大地、樹木、動物に対しての祈り。また、人や家の繁栄を願うまつり、祖先のまつり。あるいは作物、特に稲の豊作を願う行事などである。
作物の豊作を願う行事は、正月2日畑に鍬を打つ「小鍬初め」と11日田を打つ「大鍬初め」にはじまる。そして田植え時期、水口の田に栗やウツギの枝を立ててモリキを作り、サンバイ様を迎える。サンバイ様は田の神であるが、豊松では盆前に「サンバイあげ」をして山へ帰っていただく。
豊松のまつりをみていくとそれが季節、あるいは生産行為に対応しているだけではなく、この村の社会組織の展開と対応していることにきづく。正月から春にかけては家のまつりが中心であり、春から秋にかけては名のまつりが現れ、総鎮守鶴岡八幡宮の秋の大祭では名が集まった8つの郷の集合体のまつりになる、というふうにである。まつりと社会組織の関係をこれほど構造的に教えてくれるところは少ない。
祖先がワサダ名という名の名主であり、農業を営む内樋恭昌さんは言う。「コンニャクは土の中に住むものですから……」。農業とは土の中に住むものを育てることであり、それを基礎に日本人の生活と文化の基層が培われてきたことを、豊松は改めて教えてくれる。



イヴェント | 22:19:35 | Trackbacks(0) | Comments(0)
Post a comment

Only the blog author may view the comment.